小樽運河にもう一度・・

先日と同じ所にちょっとだけ行ってきました。
ほんの少し変化が有るのがお分かり頂けるでしょうか。
e0001123_22265287.jpg


e0001123_22324745.jpg


1年間大変お世話になりました。
拙いブログの写真ですのに 毎日たくさんの方にご覧いただき、
ありがたく感謝でいっぱいです。
今年は此が最後になります。
元旦にまた お会いできますように・・・
よろしく御願い致します。
by 112tuneko | 2006-12-30 22:25 | 小樽そぞろ歩き | Comments(11)

再びセピアの魅力をー2

e0001123_22225363.jpg


ちょっとうるさい画像で・・・
周りの雰囲気を・・・
e0001123_2223532.jpg

by 112tuneko | 2006-12-29 22:23 | 野の花 | Comments(8)

再びセピアの魅力をー1

とても暖かく良いお天気でした。
徒歩で行けるいつもの所へ・・・雪が少ないので未だ初冬の感じがしており 春の雪解けのような感じさえしていた。
植物も変わらない状態で美しさを保っていた。
雪が溶けたところからは 青々した草が顔を出しており季節を間違えそうな陽気であった。
代わり映えのしない見慣れた物です。
同じようにしか撮れない未熟さが悲しいですね。
e0001123_2236722.jpg




e0001123_22323422.jpg

by 112tuneko | 2006-12-28 22:32 | 野の花 | Comments(8)

今日の朝刊の読書欄に写真が掲載されました。
朝から出かけていましたので、自分でも気が付かずにいて 3時頃パソコンを開けて皆さんのメールで知らされました。
メールを下さった方々 有り難うございました。
新聞は白黒の小さい物ですので あまり目立ちません。
写真自体も決していい写真という物でもなく この時期の世相を反映しているようなこの写真は何を物語っているのか・・読者に感じ取って頂く物として投稿致しました。
今になっては、恥ずかしいです。
e0001123_191133.jpg
 
by 112tuneko | 2006-12-26 19:01 | Comments(10)

OSS文化祭

文化祭が今日で終わりました。
昨年に続いて担当した手工芸部門の展示部門です。
皆さんのご協力で作品が集まり 素敵なレイアウトで展示が出来ました。
e0001123_23202114.jpg

by 112tuneko | 2006-12-24 23:20 | Comments(6)

JR小樽駅の中のガラスのツリー。前回は作品としてのご紹介を致しました。
もう一度ランプに灯がともってからの撮影で カメラで遊んでみました。
やはり 此が一番という写真を出すほどの写真は有りません。
こんなのもあるよ!と言う感じです。
何時か これぞこの1枚と自信を持って言えるような写真を撮って見たいです。

e0001123_0271850.jpg


e0001123_0273779.jpg


e0001123_029257.jpg


e0001123_0291431.jpg


e0001123_0293390.jpg


e0001123_0294676.jpg

by 112tuneko | 2006-12-22 00:29 | 小樽そぞろ歩き | Comments(6)

JR小樽駅の中のクリスマス飾りです。
ガラスの街小樽のイメージもあるからでしょうか ガラスのクリスマスツリーの展示会でした。
e0001123_15485592.jpg

e0001123_15492533.jpg

ごめんなさい順序不同にしてしまいました。
e0001123_15493785.jpg
e0001123_15494829.jpg
e0001123_1550258.jpg
e0001123_15501320.jpg
e0001123_15502420.jpg
e0001123_15503735.jpg
e0001123_15504722.jpg
e0001123_1551024.jpg
e0001123_15511257.jpg
e0001123_15512680.jpg

by 112tuneko | 2006-12-18 15:51 | 小樽そぞろ歩き | Comments(6)

街の中のクリスマス飾り

街の中で見かけたクリスマス飾りを撮ってみました。
やっぱり 小樽は景気が悪いのでしょう。
飾りも音楽もかなり控えめです。

花屋さんのウインドウがお人形で一杯でした。
e0001123_1848137.jpg

by 112tuneko | 2006-12-14 18:48 | 小樽そぞろ歩き | Comments(6)

四季折々の野の花を撮ることから始まったデジカメですが、野鳥やリスなどを撮ることにも喜びを感じています。