<   2006年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

とてもかわいらしかったので、買い求めました。
花かごは 粘土で簡単に作った物です。
e0001123_20245814.jpg

by 112tuneko | 2006-11-30 20:25 | Comments(6)

朝日が透けて・・・

オオウバユリに朝日が当たり、透けて見えます。
中の種は 孫が飛ばし、風がとばしからになっています。
何年後かにまた 庭の何処かで芽を出すことでしょう。
e0001123_0365557.jpg


e0001123_0371125.jpg

by 112tuneko | 2006-11-29 00:38 | 野の花 | Comments(10)

2,3日前、3時頃まで良いお天気でした。
その日 札幌で日没が4時4分、小樽でもほぼ そんなところでしょう。
3時半になったら出かけようと準備をしていた・・
・・・だんだん雲が多くなり 太陽が消えたり出たり。
それでも やっぱり行ってみようと 出かけた。
案の定 だめ。
夏早くに行ったときの日没の位置が思いの外ずれていて
もし良いお天気でもその点で いい写真にはならなかったと思う。
この次は 場所を変えて挑戦してみよう。

何か撮らなければ面白くない。
こんな写真になりました。
e0001123_12575776.jpg


太陽がないので、後ろを振り向いて三日月を・・・
e0001123_12591593.jpg


何の船でしょう港から出てきたようです。
e0001123_1301993.jpg



鳶が一羽 旋回しています。
何か勘違いしたのでしょうか。私が目当てのような気がしました。
おいしそうに見えたのかな・・・
何時までも 頭の上で旋回して 少し怖かったです。
e0001123_1365296.jpg

by 112tuneko | 2006-11-28 13:07 | Comments(16)


久しぶりに OSSのメーリングで書いてみようと思って始めましたが 
ブログ用に致しました。
興味のある方だけに読んで頂くのが良いと思ったからです。


今、私は 歯の治療のために、いつもに益してひどい顔をしている。
丸い顔はより丸く、低い鼻は埋まり、目はつっぱっている。
そんな顔では あまり出かけたくない。
30日の「10割そばの会」までは あまり出かけないで家の中の始末をしようと思った。

子供の頃から 描いたり、作ったりが好きで常に何かに凝っていた。
その中で 一番長く、力が入ったのが 紙粘土の人形作りだった。
今まで25年ほど携わってきたことになる。
長年小樽D文化教室で講師をしてきた。
この人形は 全国的な大きな組織で成り立っており 小樽はもちろん北海道の仲間達と交流があり、時には全国的な展示会 研修会等もあり経験が少ない頃からどうしても役職がまわってきて苦労も多かったが 充実もしていた。
6,7年前だろうか 疲れを感じるようになり文化教室を辞めさせてもらい、未だ続けたいという希望の強い方だけ 自宅で教えることになった。
この10年くらいは 紙粘土よりも磁器粘土で作った陶磁器人形に変わってきていた。

その自宅教室を今年3月で辞めた。
最後の生徒は3人でしたが 同年配で今此を辞めたくないと嘆願されたが もう責任を持って出来ない能力になっている自分を知りどうしてもと辞めさせて頂いた。

10畳間のしごと部屋が教室だった。
納戸付 焼成釜を置く風除室付の私には贅沢なしごと部屋である。
3月に辞めてからそれっきりになり 手を付けていない。
ソロソロ衣替えしたいと思いつつ 今は他の趣味が忙しく手に付かないでいた。
そこで、前述のこの顔の間に何とか片づけることに決めた。

さあ 何から処分しようか・・・
いっこうに手が付けられない。
我が家には 大小200以上の人形がある。
制作材料、道具、本 どれも半端な量ではない。
これらをなくすると 私の過去の25年がなくなるような気がしたり・・
絶対にもう使うことがないと思っても もったいない気持ちが強くなったり、
誰かもらってくれないか・・と思ったり
2,3日ただ眺めているような状態だった。
作品は今となっては 駄作ばかりで人にもらって頂ける物等ひとつもない。

人形仲間の友人と話し 吹っ切れ 今日やり始めた。
思い切って作品を減らし始めた。
やり出したら 心地よく進み出した。
これでいいのだ!!
此を私がいなくなった後に 誰かにしてもらうことは耐え難いことだ。
・・・・・
でもまだ私の人生は続くと思っている。
だから、今 全部を処分するのは早いと思う。
何年か先に 何度かに分けて減らしていこうと思っている。

今私の、新しい趣味としての一番は、なんと言ってもカメラで花を撮ることです。
身に余るほどのサポートを頂き、ご指導を頂いており、其れが夢のように発展していっています。
またブログを通して素晴らしい方達と交流させて頂き、満たされた毎日といえると思います。
何度も知らないところへ出かける機会を頂き、 人との出会いがあり、 珍しい花にご対面し、シャッター音を響かせる。
こころからの最高の幸せを感じます。
今年の花の撮影はほぼ終わりに来ていますが
来春はこの幸せをふくらませて いい写真を撮りたいと願っています。
ブログに遊びに来て下さる方々 よろしく御願い致します。
時には 少し厳しいご指導も頂ければ幸いです。

私の人形がどのような物か 興味のある方 
←のリンク集の「デジカメあそび」をご覧下さい。
一度も更新していない 恥ずかしい物ですが私のHPにいくつかの人形が載っています。
by 112tuneko | 2006-11-26 20:33 | Comments(11)

冷たい雪の中でも・・・

凍るような冷たい雪に覆われても、太陽が顔を出すと また元気になる花たち。
今年は温かいのでしょうか この時期にも夏の花が咲いています。
e0001123_2215418.jpg


e0001123_22155481.jpg

by 112tuneko | 2006-11-25 22:16 | 庭の花 | Comments(7)

雪の朝のハマナスの実

雪の降る朝、ハマナスの実が気になります。
今年こそ、と思いつつ
やっぱり解けてしまっていました。
綿帽子をのせたように、
e0001123_20435075.jpg


More:綿帽子をのせて
by 112tuneko | 2006-11-23 20:45 | 野の花 | Comments(5)

雨の日の贈り物ー1

ムラサキシキブの葉に水滴が
e0001123_2252129.jpg



          また雫です。
          先日の雨の雫の写真がまだあります。

More:水滴のマクロ
by 112tuneko | 2006-11-21 22:55 | 水滴 | Comments(10)

四季折々の野の花を撮ることから始まったデジカメですが、野鳥やリスなどを撮ることにも喜びを感じています。