小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)

重要文化財:旧日本郵船・・・・5

e0001123_16232883.jpg

100年以上も前に作られた建造物と 
その内部の贅を尽くされた華麗な品の数々でしたが
私が一番写真を撮りたい気持ちにさせられたのは、このような場面でした。
渡り廊下で繋がれた所には休憩室 宿直室 計量室 トイレなどが配置されています。
その瓦葺きの附属舎が窓の向こうに見えます。
ちょうど雪が降り始め 軒にはつららも下がっていました。
タイムスリップしたような 懐かしさがこみ上げてくるようなそんな気持ちで撮っていました。
 
e0001123_1624063.jpg

窓ガラスは全て二重ガラスになっています。
雨水が入らないように 窓が破損しないように 細部にわたって工夫がなされています。

残念ながら写真は良くありませんが こんなのが好きです。
やはり 貧乏性なのでしょうね・・・・・ 

5回シリーズでご覧いただきました。
おいで下さった方々 コメントを下さった方々有り難うございました。






窓の全ては重たいシャッターが下りるようになっています。
この滑車でシャッターを上げ下げします。
こんな所にも 手の込んだ彫刻がなされています。
e0001123_16515992.jpg

by 112tuneko | 2007-01-17 16:24 | 小樽そぞろ歩き | Comments(16)
Commented by tachi-aoi at 2007-01-17 17:38
素敵なアングルですね!
この時代生きた人もこうして窓から色々なものを眺めたのでしょうね~。
キムタクの華麗なる一族を連想してしまいました。
Commented by 112tuneko at 2007-01-17 18:24
tachi-aoiさん 早速にコメントを頂き有り難うございます。
舟入澗での荷下ろしも盛んで 活気に満ちていたことと思います。
ソロソロ花の写真が撮りたくなってきました。
温室に行かなければ・・・・其れまで夏の思い出で・・・

Commented by skimama at 2007-01-17 19:55
素敵なショットです!私はこういうの大好きよ!
何かつかめたような気がしているのではないかしら!
きっと心が充実されたことと思います。そういうお心がね、作品に出ているように、私には感じられるのです。
素敵な作品です!
Commented by oss025 at 2007-01-17 20:08
レトロな雰囲気が出ていますね。
映画のワンシーンを見ているようで、その時代に引き戻されるような
気がします。やはりtunekoさんは捉え方が違いますね
Commented by jyonko7 at 2007-01-17 22:28
観光客があまり訪れない、手宮にある、旧日本郵船のこの建物が懐かしくとても好きです。tunekoさんのお写真を拝見して建物の中も見たくなりました。とても素敵!!です。
Commented by 112tuneko at 2007-01-17 22:45
skimamaさん いつも励ましのコメントを頂き有り難うございます。
自分のしていることに疑問を持ちながら 試行錯誤でやっています。
中身が希薄な者は
自信がなく揺れ動いております。
Commented by 112tuneko at 2007-01-17 22:49
oss025さん コメント有り難うございます。
貴女にもお褒めのコメントを頂戴し 嬉しく思いますが 
ほんとに自信がなく 感覚的なものを変えることは難しいですが
せめてカメラに強くなりたいと切望しております。
Commented by 112tuneko at 2007-01-17 22:52
jyonko7さん 有り難うございます。
派手ではありませんが 観光の方もぽつりぽつりと訪れご存じにボランティアガイドのMさんがお忙しそうでしたよ。
一度お尋ね下さい。
Commented by sumiko at 2007-01-17 23:37 x
こんばんは♪
トップのお写真、とてもステキな雰囲気で良いですね~
5回シリーズで、古きよき時代の建築を見せて頂き
ありがとうございましたm(__)m
Commented by hama-nasu at 2007-01-17 23:50
歴史を感じる重厚な建物と 電球 
そして 窓から見える雪景色
すてきですね~
さすが小樽ですね
Commented by oss125 at 2007-01-18 07:50
5回シリーズ見せて戴き有り難う御座いました きょうの写真レトロを感じ暖かみのある小樽の良さを再認識しています  実に小樽は良いところですね 樺太生まれ能登育ち大阪ー小樽ー札幌とアチコチ転勤しましたが良いところです小樽は・・・
Commented by sgr813 at 2007-01-18 10:07
一転してモノクロの世界になりましたね。一般庶民を思わせる風景です。
雪国だから窓は昔から2重ガラスになっているんですね。
Commented by mitchi-jul at 2007-01-18 10:54
5回シリーズを拝見させていただき有難うございました。
2枚目の窓からツララが見え、100年前のツララに感動をおぼえます。
今日のお写真は、レトロな感じが滲み出て懐かしさの様なものさえ感じ
られます。 ます~小樽が好きになりました。
Commented by 112tuneko at 2007-01-18 18:58
oss125さん こんばんは、
小樽に住んでから三十七八年になります。
井の中の蛙のような 狭い範囲だけの小樽で暮らしてしまいました。
私の知らない小樽がたくさんあります。
もっと小樽の良さを知るきっかけを作りたいと思っています。
Commented by 112tuneko at 2007-01-18 19:07
sgr813さん こんばんは、
この方が落ち着きますね。
子供の頃の懐かしい生活や 周りの人々を思い出します。
また庶民の生活から離れたところで 現代建築に繋がる数々の工夫がなされていたことを知ったことも今回の撮影で得た大きな収穫でした。
Commented by 112tuneko at 2007-01-18 19:09
mitchi-julさん 
雪明かりの路にいらっしゃるときにでも お寄り下さい。
写真とは違う感じで もっと小樽が好きになって頂けることと思います。