小樽そぞろ歩き( 四季の彩り)

今日も雪降り

毎日良く降ります。昨日の夕方、港には滅多にないほどの船が時化をさけるために入っており、いつもの小樽の港とは様子が違っていました。
朝 雪もやんでいたので 早めに出かけたつもりが、多くの船は出航した後で、昨日のにぎわいは有りませんでした。
日が差したと思うとたちまち強い降りになったり、仕方がない帰ろうと足を速めていると良い天気になって、もったいないから戻ったり、天気に振り回された撮影でした  
 臨港線の歩道は人が一人か二人歩いた跡がありそれも新しい雪で消されていきます。
黙々と歩いていると 一本道の向こうからロシア人の船員さんが・・・身をかわして道を空けて待っていると、にっこり笑って「・・・・・」言葉は分からないけど、言ってることは分かった。
ここは私がお受けするのが良いのだろうと思、「どうも有り難う。」と大きめの声で言いながら身をかわして入れ替わったのでした。
e0001123_004110.jpg
この道を進むと、小型除雪車と遭遇
歩道の道付け専用のようだ。
写真を撮って、後ろを向いて小走りに
逃げた。10メートルも行っただろうか。
逃げないとどうにもならない。
急いで進路からはずれないと雪まみれ
になってしまうのです。
                      
by 112tuneko | 2005-12-28 22:28 | 小樽そぞろ歩き | Comments(0)