吹雪の朝に・・

ナナカマドの実が残り少なくなった。
ヒヨドリは一粒ずつ啄む。だから写真も撮りやすい。
ところが今年は 異常事態が起きている。
今まで過去に カラスがナナカマドの実を食べに来たことはない。
今年はカラスが無理やり枝ごともぎ取っていくのだ。
ヒヨドリの食べる分がごくわずかしかなくなった。
小樽手宮方面から海岸沿いに運河方面へ向かう道路の街路樹は
ナナカマドだ。夏にはどの木もたわわに実っていたのが昨年の暮れに
通ってみると どの木にも実が一個もなかったのだ。
野鳥が食べるにはまだ早いと思ったので 不思議に思っていた。
あの現象もカラスの仕業に違いないと 庭に来るカラスを見て確信が持てた。

このヒヨドリ 残り少ない実を食べるのに無理な姿勢でついばんで落ちそうになって
自分で驚いてそのまま飛んでいく。
それを繰り返している。
e0001123_22364170.jpg

by 112tuneko | 2015-01-20 22:37 | 野鳥 | Comments(0)

四季折々の野の花を撮ることから始まったデジカメですが、野鳥やリスなどを撮ることにも喜びを感じています。